ヤメ時を知って無駄投資をなくす

やめ時の心得方

 

パチスロに限らず、ギャンブルをするうえで非常に大切なことは【ヤメ時】を逃さないことです。
ヤメ時を逸したことによって勝ち額を大きく減らしてしまうということがありますし、せっかくあった出玉が飲まれて負けてしまったと言うこともあり得ます。勝っていればまだしも、負けてしまってはその日の稼働時間が全くの無駄になってしまう(本当に無駄になるかどうかは人それぞれですが)可能性もあります。そこで、そのようなリスクを回避する為にも常にヤメ時を意識して遊戯することが大切です。

 

パチンコであれば「連荘してまとまった出玉を確保した時」や「回らなかった時」など、ある程度タイミングを得るのが簡単なのですが、パチスロの場合はそこまで明確なタイミングが無いことも多いです。そんな中でヤメ時を逸しない為に必要なことは、『常にヤメる為の根拠を探しておく』と言うことが重要です。

 

確かに、パチスロを打つうえで「もっと勝ちたい」・「もっと打ちたい」と思うのは当然ですが、「勝つ」と言うことを念頭に置いた場合にはそのような欲求で打ち続けることは非常に危険です。仮に高設定であっても、場合によってはヤメる判断をしなければならないこともあります。

 

そもそも、パチスロを長時間打つ為にはそれなりの根拠が必要です。高設定であるとか、おいしいゾーンの台があるというものですが、高設定は確実に見抜ける機会は少ないですし、ゾーンに関しても確実に当たるという保証はありません。唯一、天井は確実に当たると言えますが、頻繁にそんな台が落ちている状況に遭遇することは余りありません。つまり、パチスロで勝つ為に最も大切なことは「いつヤメるかと言う判断」と言っても過言ではありません。

 

もし、今自分が打っている台の状況が良く出玉もついてきているという状況だった場合、「確実に高設定が確定している状況」であれば継続して打ち続ける判断はアリかもしれません。しかし、その結果、確実に出玉が増えるという保証無ないですので大事をとってヤメるという判断をしても間違いではありません。しかし、「高設定だろう」と言う状況では状況を冷静に判断する必要があります。

設定を見極めるコツとは?

 

設定判別の結果、高設定が濃厚だと言う場合、遊戯をしていく中で「低設定の可能性が強まった時」にはヤメを意識する必要があります。「きっと高設定然とした挙動に戻るだろう」とか「少し状況が良くなれば」と言った期待だけで打ち続けては負ける可能性が高くなってしまいます。どれだけ高設定が濃厚であっても、確定していない限りは安心できないという考えを持ち、低設定の可能性が見えたらきっぱりヤメるという判断を下せることは、勝率・収支を安定させていくうえでは非常に重要です。