スロットの遊び方と仕組み

パチスロの仕組みについて学ぶ

 

【パチスロ】とは、正式名称を【回胴式遊技機】と言います。パチスロと言う呼び方の他にも、【スロット】や【スロ】などと呼ばれることもあります。
基本的なパチスロの遊戯方法としては以下ような流れで展開していきます。

 

 

基本的な遊戯方法

 

①.メダルを投入する
基本的には1回リールを回す(抽選を受ける)為に必要なメダルは「3枚」ですが、状況によってはそれ以下の枚数で遊戯する場合もあります。
メダルを投入する場所は、リール右下に設置されています。

 

②.スタートレバーを操作する
リール左下に設置されています。メダルを投入後、レバー操作をすることによってリールが回転します。スタートレバー操作に関しては、基本的に上から下に向けて叩く動作が基本になりますが、前後左右どの方向に動かしても問題ありません。ただし、中には上下もしくは下方向にしか動かない台も存在しています。
パチスロにおける基本的な抽選はこの瞬間に行われています。レバーを叩いた瞬間(レバーオン)に内部で乱数が取得され、その結果はリールもしくは液晶で表示するというのが基本的なパチスロの演出フローです。

 

③ストップボタンを押す
リール下部にあるストップボタンを押すことによって、回転しているリールが停止します。基本は「3リール」の台がほとんどですが、過去には4リールの台の登場しました。
最近の台はストップボタンを押す順序に指定がある台が多いのですが、基本的にはどこから押しても大丈夫です。むしろ、押し方によって様々な【出目】(リールがどのように止まるか)を楽しむのがパチスロ本来の楽しみ方でもありました。

目押しのコツはこちら

 

④.結果が表示される
方法はその台によって変わりますが、最近では主に【液晶】によって結果が表示されることがほとんどです。ただし、液晶上で展開される演出はあくまでもあらかじめ決まった結果に対して行われているだけです。液晶の無い機種や演出中でもリールを止めることによって最終的な結果は表示することが出来ます。

 

 

パチスロの抽選方法

 

パチスロは『レバーを叩いた瞬間【レバーオン】』や『最後のボタンから指を離した瞬間』などに主な抽選を行っています。基本はレバーオン時の抽選がメインとなっており、その際に大きく分けて「当たり」or「ハズレ」が抽選されています。