パチスロでよく使われる用語【は~わ・を・ん行】について解説いたします。

パチスロ用語集【は~わ・を・ん行】

本2

 

 

今現在、日本全国に店舗を増やし、
勢力を拡大し続けているパチスロ店ですが、
パチスロが普及するのに伴って、パチスロ業界では、
独特の用語が使われるようになってきています。

 

パチスロ用語集【あ~な行】

 

は行

ハイエナ

ボーナス直後に、当選確率が高くなる機種や天井が搭載された機種において、期待度の高い回転数に達していたり、ボーナスが出そうな雰囲気の台などを、前に座っていた遊戯者が止めるのを見計らって座り打つことを指します。

引き

この用語は、ボーナスを当てたり、パチスロ店への入場抽選で有利な数字を引き当てるなど、「運を引き寄せる力」を表現する際に用いられます。

 

ちなみに運が良い時は、「引きが強い」または「引きが良い」、運が悪いと感じた時には、「引きが弱い」または「引きが悪い」というように言い表します。

変則打ち

パチスロを楽しむ上で必ず知っておきたい用語に「変則打ち」という言葉があります。

 

通常、スロットマシンは、レバーを引いてリールを回転させ、左から順にボタンを押していく「順押し」が一般的となっています。

 

しかし、変則打ちの場合は、横並びになっているボタンを「左、右、真ん中」や「右、左、真ん中」など、変則的にボタンを押していくのが最大の特徴となっています。

 

ちなみに、右から順番にボタンを押していく打ち方は、「逆押し」と呼ばれています。

 

 

 

ま行

 

 

や・ゆ・よ行

 

 

ら行

リーチ目

通常プレイ中にボーナスが確定する出目。

レア役

成立する確率が極端に低い小役のこと。

リプレイ

特定の絵柄が揃うことによって、再遊戯を行う権利が得られることを「リプレイ」と呼び、リプレイが確定したら、メダルを投入しなくても前回の抽選で使用したメダルの枚数と同じ条件で再抽選を行うことが出来ます。

 

 

 

わ・を・ん行