イベント・オープンの店を狙って勝率アップ

オープン・イベントを狙う理由

 

パチスロで勝つ為には「高設定を打つ」と言うことが重要なのですが、その為には『高設定がある環境で打つ』と言うことが最低条件になります。

高設定を狙う重要性

ホールにもよりけりですが、残念ながら「いつでも高設定があるホール」と言うのは余り多くないのが実情です。つまり、闇雲にホールで高設定を探しても時間の無駄になってしまう状況が多々あるということです。

 

そこで、「高設定が入りやすい時」を狙うことで高設定を打てる確率を上げるということが必要になります。
その方法が『イベントや新台入れ替え(新装オープン)』と言ったタイミングを狙うという方法です。

 

一般的にホールの営業を表現する場合、「通常営業」・「回収営業」・「赤字営業」と言った言葉が使われます。普段から高設定を設置しているホールであっても、回収・通常営業時には高設定の総数は少なくなります。しかし、赤字営業の時にはその数が多くなりますので狙い目になってきます。

 

現在、規制によってイベントを行うことは出来なくなりました。しかし、唯一、【新台入れ替え】【新装オープン】と言ったものだけは継続して告知することが出来ます。その為、現実的には「イベント=新台入れ替えor新装オープン」と言うことになり、狙うべきタイミングはその時と言うことになります。

 

ではなぜ、そのタイミングが狙い目なのかと言うとそれは単に『高設定が設置されやすいから』と言う理由に他なりません。
今も昔も新台入れ替えなどには多くの注目が集まり、自然と来客数が多くなります。ホール内で遊戯する人の絶対数が多くなればそれだけ売上も多くなるので、いつも以上の高設定を投入しても店側が利益をとりやすい(予想外の赤字にはなりづらい)という状況になります。また、ホールは頭上に【データカウンター】と呼ばれる情報端末を設置しているのですが、ここに「過去最高の履歴」などが表示されるケースが多くあります。そこで、余りにも状況が悪いデータではその後の遊戯状況に悪影響を与える可能性があるため、事前に良いデータを登録して人気を高めようという考えもあります。

 

新台は多くの注目が集まりますので、自然と「打ちたい」と思う人も多くなります。そこで、「全く勝てない」と言う印象を与えてしまうことはホールにとってデメリットしかないので、新台入れ替え直後には高設定を投入して出玉をアピールするということが多くなります。しかし、狙い目だということはその分ライバルも多くなりますので、開店待ちをするとか狙い台を絞ると言ったことも重要になってきます。

 

ただし、新台が必ずしも高設定だということではありません。意地悪なホールだと、新台入れ替えから数日は低設定にして注目が落ち着いてきたころ(3日~1週間程度)に高設定を投入するということもあります。そこで大切なことは、『ホールの癖』を把握しておくことです。

 

「このホールは新台何日目に高設定を入れやすい」とか「角台(端の台)に高設定が入りやすい」と言ったホールの癖を把握しておくと、より高設定台を打てる確率が高くなりますので非常に重要です。